響灘火力発電所

スタッフブログ

手に汗握る・・・匠の技!

Date:2018年2月14日

入り組んだ建屋の中、巨大な鉄の物体が青空めがけてグングンと・・・☆

ある日、響灘に届いた鉄の物体・・・。

この物体の正体は、ボイラーの蒸気ドラム。
この蒸気ドラムの役割について簡単にご説明しましょー

ボイラーで蒸発させた蒸気を貯めて、その蒸気を発電の蒸気タービンへと送りだす基地なのです。

その蒸気ドラムの設置は2017年10月30日・・・澄み渡る秋空の中、響灘火力発電所の社員と関係各社の皆で執り行いました。モチロン!晴天(笑)

建物内に取り付け・・・簡単なものじゃなかったんです!

建物の下からグーン!と上まで上げて、上からポンッと設置・・・と簡単なイメージをしてしまいますが、ぜんぜん違う!

建屋の中は、柱や階段・手すりに足場等々・・・色んな物があり大変入り組んでいます。その中を巨大な鉄の物体の【蒸気ドラム】が上下左右に向きを変えながら慎重に持ち上げられていき、建屋の上部に設置されるのです。

これは大変な大仕事!無事故で執り行わなければなりません・・・

関係者全員…いつもに増して引き締まった表情。この空気でどれだけ大変なものなのか肌で感じ取る事ができました。

さぁ!建設のスペシャリストによって、私たちの思いも乗せた蒸気ドラムの据付作業が始まります!

※ 何事も無く…無事に上がって据付できますように・・・☆

※ 『ご安全に!』皆の気持ちは一つ!

心から・・・ヨロシクお願いします!

※ このクレーン(↑↓)でボイラーの蒸気ドラムを吊り上げます。

※ 見上げると、首が痛くなるほど高~いクレーン (クローラークレーン) でした。

※ 作業に入る前に記念写真☆ んんっ!??! 看板だけ??(笑)

※ おぉ!天を目掛けて蒸気ドラムが上がり始めました!!

※ 全神経を集中させて・・・素晴らしいクレーンの運転技術です!

※ 建物の中から指示出しているエンジニアさんとクレーンの運転手さんとの掛合い作業。

慎重に・・・。手に汗握るような…両者が全神経を集中させています。

巧みな技術です!今ココに技術が集結しています!これぞ! 匠

※ 入り組んだ建屋内。・・・無事に上まで到着し据付完了!すばらしいッ!!

この先見ることはないであろう熟練された技術。

・・・その瞬間に立ち会い、見る事ができて感激感動です。

この気持ちを忘れずに・・・日々精進して頑張ります!

 

 

アーカイブス

»